ブログ

マインドフルにケーキを食べよう

  • 2020.12.30

「今ここに心を確立していれば、過去を現在に引き戻して、それを深く見つめることができます。

今ここに足をつけながら、

過去や未来をよく観察することができるのです。

あなたが現在を基盤に生きるとき、

最良の方法で過去から学び、

未来の計画を立てられるようになります。」

 

ティク・ナット・ハン著/怖れ (”怖れなしに未来を見つめる”より)

 

今日は、クリスマスイブですね。

町田駅の方に用事があり出てきましたが、 ケーキ屋さんの箱や買い物の紙袋を下げた人達がたくさんいました。

そうそう、 クリスマスとケーキには特別な思い出が。

高校1年生のクリスマスの日に 担任の先生からケーキをいただいた思い出があります。

 

当時、私の母は長期入院中で 同居していた祖父も、 この前日に脳梗塞で入院したばかりでした。

夜寝つきが悪かったせいか 終業式の日に寝坊して遅刻してしまい、

遅れて学校についたときは終業式の真っ最中で、

体育館の入り口で担任の浜辺先生が立っていました。

いつも穏やかな口調で、 怒る姿なんか見たことのない先生でしたが、

遅刻の理由を尋ねてきた先生に 私は恐る恐る、

「家に私しかいなくて、寝坊しました」

と、 遅刻の言い訳をしました。

終業式はもう終わる頃で、 先に教室へ入っているようにと言われて 皆より早く校舎へ向かい、

何事もなかったように皆で大掃除をして、 ホームルームに参加。

冬休みの宿題のプリントやら伝達なんかが終わって、

帰宅しようと皆が席を立ってガヤガヤし始めた時に、

「小田さんは帰る前に職員室へ寄ってください」 と先生に言われました。

遅刻のことで何か言われるのかなぁ(;´Д`)と 気が重くなりましたが、

仕方なく職員室へ寄って 入り口のドア前から浜辺先生に挨拶をしようとしていると、

先生が先に気づいて つかつかとこっちへ向かって歩いてきます。

「はい」と渡された紙袋の中をのぞくと、 ケーキが二つ入っています。

「え?」と言って先生の顔を見上げましたが すぐに

「冬休みは事故や怪我のないように、気を付けて」とだけ言って先生は、

職員室の向こうへ足早に歩いて行ってしまい、

私はケーキを渡された理由については何も聞けないまま帰宅しました。

学校の近くにある 山崎ショップのケーキ用の白い紙袋で、

中にはオレンジと赤の丸いゼリー菓子が乗ったバタークリームのケーキと、

チョコレートクリームのケーキ。

バタークリームの方は 小さくカットされた黄桃が間に挟んであって、

チョコの方は 果物とかは入っていなかったと思います。

最近はコンビニのスイーツも 昔に比べたらすごく進化して、

あの時食べたようなケーキは もう見かけなりました。

スクールバスを降りると、 通り沿いのスーパーの入り口から出てきた親子連れとすれ違いました。

お母さんらしき女性が クリスマスケーキの箱を手に持っていて、

小学生くらい位の女の子が、 その隣で何か言いながら 駐車場の方へと歩いていきました。

バス停から自転車で20分、 実家の家に着いた私は誰もいない居間で、

先生にもらった紙袋から その時はチョコレートのケーキを取り出し、

インスタントコーヒーを淹れて、

一人ケーキを食べるのですが、

食べながら泣き出してしまいます。

 

美味しすぎたからとかではなく、

「どうして私はいつも一人なの?」

そう一人呟いて、泣いていました。

 

この頃から、

寒い冬場のケーキは私にとってトラウマのようなものだったのですが (冬でなければ普通に食べていた)

私が35歳の冬のある日、

バスの中で掲示されていたクリスマスセールのポスターを眺めながら

「大掃除とホームルームの間のちょっとした隙に、

先生はよくもまぁ、 ケーキなんて、買いに行ってくれたもんだな」

と、ふと浜辺先生を思い出したのです。

それをきっかけに、

その年20年ぶりに クリスマスの日にケーキを食べました。

それも、 ちゃんと味わって。

当時を再現したケーキは どこにもなかったけれど、

最寄り駅近くにあるケーキ屋さんで、

クリスマスの飾りのついたケーキを一つ買い、

コーヒーは豆から挽いてドリップしました。

ケーキもコーヒーもよく味わって、 ケーキ屋さんにも感謝して 美味しくいただきました。

それ以来、 冬の時期のケーキは私にとって、

誰かに愛をもらった思い出を思い出す 特別な食べ物になりました。

高校生の私は、 寂しさや孤独で胸がいっぱいで 先生の想いには気付かず、

ケーキもよく味わって食べることはできなかったけれど、

もう会うことはない浜辺先生が 今も私の中に生きていて、 今の私があると、

そう思います。

今年も、 美味しいケーキを味わって食べる予定です。

 

お店の中も 皆さんマスクを着けて 例年と違う様子ですが、

色々ある中でもこうして 沢山の人に幸せや喜びがあるということが、 心をほっとさせてくれます。

皆さんもどうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください☆

大変な状況の中 過ごしている方もどうぞ、

美味しいもの、

イルミネーション、

大切な人の存在、

支えてくれる仲間、

あなたといつも共にある存在

... なんでもいいから、 今ある喜びや幸せを 丁寧に感じ取ってみてください。

来年また力強く、 新たな一歩

を踏み出せるように 今ある幸せをしっかりと 受け取ってくださいね(^-^)