25日 3月 2020
人生を生きるには、修練が必要です。「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません。” ”天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である。” フローレンス・ナイチンゲール 「私ね、看護って『表現』だと思うの。」 という昔の上司(当時の病棟看護師長)の言葉を、仕事帰りにふと思い出した日がありました。 ラダー評価と業務の進捗状況報告を兼ねた 1対1の面談のなかでこれを言われ、 一瞬「?」となりましたが 看護師一人一人それぞれが持つセンスの違いで、患者さんへの実践は全く同じにはならないでしょう?とか、 そんな話だったと思います。 管理職者なので賛否はあったかもしれませんが、 私個人は良い上司に恵まれたなと たまに思い出します。 「看護とは」という定義が気になって、 帰宅後看護学生の頃の教材だった看護覚え書(ナイチンゲールの著書)をクローゼットの奥から探し出し、Google検索しました。 「Nursing is an art」(看護とは芸術です)」という言葉でも表現されていましたが・・・ この人の名

04日 3月 2020
「怖れとは、今この瞬間に起こっている何かから生まれるのでしょうか? または幼少時にしまい込んだ記憶から、 古い怖れが蘇るのでしょうか? 心の中の全ての怖れを明るみに出せば、 私たちは、自分がここに生きていて、 今もまだ大切にして味わうことのできる、 たくさんの物事に恵まれていることがわかります。」 ティク・ナットハン著/怖れ心の嵐を乗り越える深い智慧(「はじめに」より) 「ウィルスの大きさが ピンポン玉くらいだとすると、 花粉の大きさがたぶん ・・・バランスボール位。 市販されている普通のマスクの網目の大きさは、ウイルスの50個分くらい。 なので、 ウイルスはマスクを通り抜けてしまうので、 つけていれば防御できるというものではない。 けれども、 花粉は防いでくれるから、 鼻や喉の粘膜を守ってアレルギー性鼻炎の症状を抑えることには役立つし、 そういう意味で効果的ですよね。」 先週末、 看護師として勤務しているクリニックのミーティングで、院長先生がお話していた 医師会からの報告と、クリニックの今後の対策について。 先週の日曜は 毎週伺っている 多摩センターマグレブエストさんの

08日 2月 2020
「両耳に気づきながら 息を吸う 雨音に気づきながら 息を吐く (中略) 太陽の光に触れながら 息を吸う 太陽の光とともにほほえみながら 息を吐く 木々に触れながら 息を吸う 木々とともにほほえみながら 息を吐く」 ティク・ナットハン著 ブッダの幸せの瞑想 (第三章 体を使う実践  ”休むこと 止まること” より) 早稲田にある穴八幡神社で 「一陽来復」のお守りを 年が明けてからでしたが なんとか頂いてくることができたので、 神様とのお約束の通り、節分の日の24:00、 お守りが恵方を向くようにして お部屋の壁に貼ることができました。 「お守り貼れたんですか?」と尋ねてくださったみきさん、 ありがとう(^^) 冬至の日は 一年のうちで夜が一番長く、 それを境にして 徐々に昼が長くなっていくのを 「これから少しずつ良い方向へ向かっていく」さまに例えて表した 「一陽来復」という言葉ですが、 空気はまだひんやりとするけれど、 窓から差し込む陽射しがあたたかく 春を感じさせ、ただそれだけのことですが 「幸せ」を感じます。 先週日曜日の 八王子のカルドさんのレッスンでは、 初

26日 1月 2020
「たとえ難しい状況にあっても、重要なことを成し遂げながら幸せな友好関係を生み出せる場合がある。 それには優しい気持ちと、開かれた心と、適切な社会的技能が必要だ」 チャディー・メン・タン著/Search Inside Yourself 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法 社員の体調不良による企業損失は、一人当たり年間76.6万円。 その内、ケガや病気による欠勤(=アブセンティーイズム)による損失コストが3.6万円なのに対し、 出勤はしているけれども体調が優れず生産性が低下した状態(=プレゼンティーイズム)による損失コストは73万円です☝️ プレゼンティーイズム、即ち 「労働生産性低下」による経済的損失は 中小企業における1事業所あたり 年間2,004万円 と推計されています。(横浜市と東京大学政策ビジョン研究センター2017年度に行った調査より) 少子高齢化、生産年齢人口の減少という日本の社会の現状からみても、 限られた人員でいかに生産性を高めるか 従業員一人一人が健康で やりがいを持ち活き活きと働くことができる、 そんな環境づくりが 今企業に求められていま

マインドフルネス · 31日 12月 2019
「私が理解と愛のまなざしで自分を 見つめられますように 私が自分の中に喜びと幸せの種を認め、 触れられますように 私が内なる怒り、貪欲、錯覚のみなもとを見きわめ、見つめられますように」 ティク・ナット・ハン著 「和解 インナーチャイルドを癒す」 第一部”癒しについての教え”より 今日は「年納めヨガ」というクラスを担当してきまして、 文字通りの 仕事納めとなったレッスンでした(^^) 初めてお会いする お客様もいらっしゃったので 「yoga citta vrtti nirodahah(ヨーガ・チッタ・ブリッティ・ニローダ)」 「ヨガとは心の作用を静めるもの」 というお話をしていました。 呼吸や体の感覚を丁寧に感じること。 過去や未来ではなく、一瞬一瞬の 「今この瞬間」に 意識を満たすように努めること。 そうすることで、 内側が静かになる時間を マットの上で過ごせることが マットを降りた日常に 良い変化を与えてくれます。 ふと目の前に広がる 景色のすばらしさに気づくことや、 大切な人の表情と言葉から伝わってくるもの、 自分自身の心の在り様、 今ここに生

マインドフルネス · 23日 12月 2019
「恋さえしなければ 僕の人生もっと楽だったのに。 恋愛は貪りの世界。 思うようにいかない不満足。 ”私は人を好きになるのをやめて草食系になります!”宣言・・・ したいけど、 人を好きになっちゃうよね。」 島田啓介 (12月の「マインドフルネス広場@渋谷区」より) まずは二枚目の写真から →東京商工会議所認定 「健康経営エキスパートアドバイザー」 合格しましたー 年明け開催される 「健康経営EXアドバイザーワークショップ」では健康経営優良法人認定取得のサポートなど、具体的な取り組みについて学んできます。 感想などまたご報告したいと思いますー そして 先日参加してきました 島田啓介先生が講師を務める マインドフルネス広場、 終盤のテーマは「恋愛」でした。 (写真は2年前の、島田先生主催マインドフルネス講座終了後、今回の写真がないのと、懐かしくて引っ張りだしてきました) 「恋愛」は人類にとって、 本能的欲求である性欲や子孫を残すことに関係し、人生における 避けては通れないものの一つ。 昨今の恋愛や結婚事情でいうならば 「ゼクシィの世界」が 企業戦略によって創られた、

マインドフルネス · 22日 12月 2019
「私の中の喜びの種を日々育てることができますように 私がつねに新たに生き、安定して、自由でありますように 私が執着と嫌悪から解放され、しかも無関心でありませんように」 ティク・ナット・ハン著 ブッダの幸せの瞑想 ”第5章慈しみ(メッタ)の瞑想”より 今日は「冬至」 一年で一番昼間の時間が短い日です。 今日を境にして 日に日に少しずつ昼の時間が長くなっていくので”太陽の力が蘇っていく日”として 昔の人は「一陽来復(いちようらいふく)」と言い、太陽の復活を祝ったそうですね。

マインドフルネス · 06日 12月 2019
「仏教で〈気づき〉の瞑想をするのは、感情を抑圧するためではありません。 瞑想を通して感情の世話をし、慈しみと非暴力の姿勢でそれを見守るためです。 (中略) 意識的な呼吸で〈気づき〉を培い、保ちながら、心に固まりや葛藤が生まれるたびにそれらを意識してください。 母親が子どもを両腕に抱くように、愛情を込めて迎え入れるのです。」 (ティク・ナット・ハン著  「ブッダの〈気づき〉の瞑想」”〈気づき〉のエクササイズ”より) 今月から、毎週火曜、朝の10:30~11:30で 「朝ヨガ&メディテーション」 というクラスが始まりました。 (多摩センターのマグレブエストさんにて) いつもは”ホットヨガ”のスタジオですが 朝一は”セミホット”のクラスになり、 程よくあたたかい環境で ちょうどよいかなぁと思い、私から提案させていただいて 12月3日がその最初の日でした。 人の思考は常に流れ続ける特性を、 元々持っています。 ただ坐って目を閉じると、 色々なことが頭に浮かんでくるものではないでしょうか? この後の予定、 電車の時間、 つい先日誰かに言われた言葉、 色々な事が頭に浮かんでくるのは ご

マインドフルネス · 25日 11月 2019
「洞察は、知識の積み重ねよりも、 思いやりをもって耳を傾け、 深く見つめ、既成概念を手放すことで生まれます。 真理はいのちの中にあります。 自分の内や、まわりのどんな瞬間にも存在するいのちを見つめます。 それは一生通して学ぶことができるものです。」 ティク・ナット・ハン著/ブッダの幸せの瞑想(”第二のトレーニング:自分の見方に執着しない”より) 「今日はなんだか、 ポーズのときの 体の使い方がよくわかりました」 「いつもわからないながらにやっていたけれど、今日は体が伸びていくのが よくわかった」 と、先月代行で伺ったレッスンで クラスの終了後 その日初めてお会いしたお客様から 帰り際にそうお声がけいただいたことがありました。 「ヨガが好きなのですねぇ、すばらしいー」 と返答しながら クラスの感想など聞かせていただきましたが、 体と心の変化は、 しっかりと体を感じることのできた お客様自身の賜物かと思います^_^ 素晴らしいですね。 今年の秋京都で参加してきました ラリー&ペギー先生の 「マインドフルネスワークショップ」の お話の中で ”本来の「私」に目覚めるための4つ実

マインドフルネス · 19日 11月 2019
「たとえ難しい状況にあっても、 重要なことを成し遂げながら 幸せな友好関係生み出せる場合がある。 それには優しい気持ちと、開かれた心と、 適切な社会的技能が必要だ。」 チャディー・メン・タン著/Search Inside Yourself 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法 (8.”有能であってしかも人に愛される”より) 「健康経営アドバイザー」 合格しました―( *´艸`) 期限間近で焦りましたが無事に今年も更新できましたーよかったよかった。 次は「健康経営エキスパートアドバイザー」の試験に向けて まだまだやることがありますが、 これから確認テスト受験予定の方、 頑張りましょうね💖 (テキストから一部抜粋です) 働き方改革の推進により 「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」 への取り組みは、 長時間労働に伴う健康障害や 仕事と育児・介護の両立、少子化への対応策として重要視されていますが 多様な労働力を活用すべく 「ダイバーシティー経営」という観点からも 更に関心が高まっています。 内閣府が実施した調査で、 この「ワーク・ライフ・バランスを

さらに表示する